<< 2017年12月
新着記事
月別
カテゴリ
2015.06.22 22:25

BNR32フルLEDテールランプ・セミオーダーメイド製作品

BNR32のフルLEDテールランプのセミオーダーメイド製作です。
QJ-C203vをベースにウィンカーをRにデザインを変更しています。

Rのデザインはエンブレムを元に設計し、忠実に再現しました。
左右で違和感が出ないように助手席側はデザイン反転させています。
さらに今回のウィンカー基板はハイパワーで発熱する為、放熱処理を施しています。















H.Y様ありがとうございます。
2015.06.19 22:08

QJ-C301(仮称)・製作中















かなり良い仕上がりになってきたと思います。
どの角度から見ても、リングがいい具合に光ります。
現行車を意識した造作です。
近日ヤフオクに出品予定です。
2015.06.18 22:26

QJ-C301(仮称)・製作中



2015.06.17 18:56

BCNR33フルLEDテールランプ・セミオーダーメイド製作品

R33スカイラインGTR前期のフルLEDテールランプ、セミオーダーメイド製作のご依頼です。
QJ-C307をベースにダミーリフレクター部分にリアフォグを埋め込みしています。

テール4灯はブラック基板、ウィンカー・バックはクリスタル基板です。







ストップよりもリアフォグを明るく設計しているので撮影すると黄色っぽく写ってしまいます。(実際は赤色です)








M.K様ありがとうございます。


2015.06.15 21:19

ワンオフ製作品・BNR34ニスモホワイトメーターの青色LED照明化

「通常黄色に光るニスモメーターを青色に光らせたい」というオーダーです。

当初QJ-NR4200aの基板をベースにLEDだけ青色に変更してみましたがどうしてもムラができるので新規で基板を設計製作しました。
使用LEDは青色LEDの本家、日亜化学超広角FLUXです。

・なぜメーター照明はLED化すると光りムラができるのか?

以下の画像のようにメーターの裏側には電球の光を拡散させる為の導光板(透明アクリル)と文字盤裏に光の明暗を調整する影が印刷されています。

この影の濃淡は純正メーターとニスモメーターなどモデルによって異なり、純正電球に合わせて設計されているので必ずムラができます。
特にLED化すると光源直下部分が明るくなってしまいます。

ニスモホワイトメーター


ニスモホワイトメーター裏側の影の配分


BNR34Vスペックメーター


BNR34Vスペックメーター裏側の影の配分


LED基板をセットした状態


LEDの「位置」「文字盤からの距離」「LEDの表面処理」「角度」「電流値」を調整してムラ無く仕上がりました。












青色LEDの撮影は難しいですね。


2015.06.11 16:31

ワンオフ製作品・BNR34のニスモ320キロメーターを青色に

BNR34用のニスモホワイトメーターを青色に光らせています。
ほぼ完成でしょうか。



2015.06.10 21:39

新商品のお知らせ・R33用LEDライセンス灯・QJ-R361

R33スカイライン用LEDライセンス灯のQJ-R361
を発売しました。

R33のライセンス灯はレンズ自体が小さく、奥行きもないので市販品では満足できないことがあります。

QJ-R361はこの地小さなレンズに日亜570GS-K1を6発、左右で12発入れ込みました。
画像をよくご覧いただくとわかりますが、LEDの高さ、幅をかなり調整してレンズに干渉しないように収めています。
取付方法は電球と交換するだけで、非常に簡単です。
ブリッジダイオードを実装しているので差し込み向きもフリーです。



明るさは約300ルーメンあります。





レンズに合わせたアーチ型のLED配列


ソケットに差し込むとLEDはセンターにきます。






今後要望があれば、交換レンズと、パッキンのセト販売を考えています。


番外編
当初は片側3発仕様で構想していました。
QJ-R361が「明るすぎる」とクレームが来たら販売するかもしれません。
こちらも十分な明るさです。(R34用QJ-R460と同等の明るさです)

2015.06.09 21:39

セミオーダーメイド製作品・R34セダンのフルLEDテールランプ

R34セダンのセミオーダーメイド製作のご依頼です。

・テールストップ4灯の点灯パータンが色々切り替えできます。
・ウィンカーとバックランプはQJ-S401などのラインナップ商品と同様でLED基板色は全てブラックです。
今回のご注文はオーストラリアからいただきました。
最近は外国からのワンオフ製作が多いような気がします。
国によって車検制度が異なるので色々と興味深いです。そして皆さん、日本の一般ユーザーの改造仕様を非常に良く参考にしているようです。

全て点灯させたスモール点灯


左:スモール、右:ストップ


全て点灯させたストップ点灯


内部で回路を3ブロックに分けているので、このような光り方もできます。








I様いつもありがとうございます。
2015.06.05 21:48

フィアット・ムルティプラのLEDマップランプのワンオフ製作②

フィアット・ムルティプラのLEDマップランプのワンオフ製作②
フィアットMultiplaのLEDマップランプのワンオフ製作の続きです。


全景 違和感の無い自然なマップランプに仕上がったと思います。
2枚のアクリルレンズは、はめ込むだけでもしっくり固定されています。振動を考慮してビス固定です。


拡大 2枚の特殊なアクリル板を重ね合わせています。
さらにレンズを取り外しやすいように、レンズ横にマイナスドライバーの差し込み口を用意。
差し込み口の切込深さも上のアクリル板と下のアクリル板で変えるこだわり。


拡大 M2.5ボサート製 特殊ネジでレンズを固定


拡大 


運転席側:センター席/助手席側の点灯比率を2:3に設計

運転席側を点灯 


センター席、助手席側を点灯


全点灯で1000ルーメンの明るさ



J.S様ありがとうございます。


※TwitterとFacebookも製作ブログとして開設しました。別窓リンク
ツイッター:https://twitter.com/QestJapan
フェイスブック:https://www.facebook.com/qestjapan


2015.06.04 21:34

フィアット・ムルティプラのLEDマップランプのワンオフ製作①

フィアットMultiplaのLEDマップランプのワンオフ製作のご依頼です。
なんと助手席と運転席の間にも席がある、珍しい車です。

左上の濃いグレーのカバーがダミーになっています。かなり大きいマップランプですね。


カバーを外したところ 


LED基板を設置したい箇所にマップランプ本体を固定するビス穴が2か所あいています。安価に仕上げるならLED基板に同サイズの穴を開ければいいのですが・・・今回は見栄えも重視しています。
なので、このような部材をCNCで切り出します。


LED基板固定用の部材をセットした状態


かなり飛びましたが、LED基板をセットした状態
ここまでで相当の時間がかかっています。(画像が無い時は結構試行錯誤をしています。)
使用LEDはおなじみの日亜570GS-K1です。


続く。

※本日、TwitterとFacebookも製作ブログとして開設しました。
大体内容は同期していますが、見やすい方を見ていただけたらと思います。別窓リンク
ツイッター:https://twitter.com/QestJapan
フェイスブック:https://www.facebook.com/qestjapan



<<前へ  6 | 7 | 8 | 9 | 10  >>次へ