<< 2017年12月
新着記事
月別
カテゴリ
2015.06.26 22:37

BMWE46M3のワンオフLEDルームランプの取付画像

先日製作しましたE46M3のワンオフLEDルームランプの取付画像をいただきましたのでご紹介です。

車体


マップランプ(スポット)の消灯状態


マップランプの全点灯状態


リア側のルームランプと(スポット)の消灯状態


リア側のドアオープン点灯


リア側のドアオープン+スポット点灯


加工前の純正ランプはこんな感じです。がらりと印象が違います。


H.M様ありがとうございました。
2015.01.29 22:06

ワンオフ製作品・E46 M3のルームランプ 

BMW いきなりですがルームランプの完成画像です。

レンズを外した状態
表面はブラスト後マットブラック+少しだけシルバーを吹いています。
マットブラックのみで仕上げると元々ある立体感が薄れるので少しだけシルバーを吹きました。


少しLEDリングが隠れて、鋭いシャープなデザインに仕上がりました。


スポットランプ、純正センター位置のT10挿し込み穴もNCで切り出したメクラを仕込んでいます。
スポットランプは570GS-K1をランプにダイレクトに仕込みました。




全体の完成状態


製作前の純正


使用LED数は62発、明るさは全て点灯させると約1500ルーメンです。
イメージ通りのランプに仕上がったと思います。

※車両はE39ではなく、E46M3との事でした。
H.M様いつもありがとうございます。
2015.01.21 20:05

ワンオフ製作品・ルームランプ

BMW E39のルームランプのワンオフ製作のご依頼です。
市販品のルームランプは中途半端な感じがあるので、デザインお任せとの事です。

純正のルームランプ


裏面の様子・・・欧州車な作りです。


T10が2個刺さる後部座席側のルームランプ、レンズを外した状態


インナーハウジングも外します。


この目玉のようなデザインを生かして製作する事にしました。


ブラストで処理します。


採用LEDは日亜570GS-K1、目玉のように仕込みます。


続く。
2012.09.11 16:52

ワンオフ製作品・BMWの540プロジェクター型LEDフォグ③

いきなりですが完成です。

加工前と加工後の比較(白基板:加工前、黒基板:加工後)


左右とも完成


600ルーメンで照らします、とても明るいです。


電圧を落として撮影



分解時に浸水していた各箇所もシール対策を施したのでもう大丈夫でしょう。
2012.09.07 16:01

ワンオフ製作品・BMWの540プロジェクター型LEDフォグ②

台座と本体部分から分解します。
分解の結果以下のような具合でした、1と5の、配線部分とネジ穴から浸水してしまっているようでした。
「在庫過剰のSMD基板と処分品のハロゲンフォグを無理やりニコイチにしたのでは?」と想像させるようなフォグランプでした。

1...配線部分・・・配線とパッキンのサイズが合っていません、スカスカです。さらには配線を通していない2か所は穴が開いたままです。

2...コネクタ部分・・・きっちりシール剤で封入されていました。

3...ソケットとライト台座部分・・・薄めのシリコンパッキンでした。

4...ライト台座と本体部分・・・不乾性のブチルシールが浅い溝に入っていました。

5...外気に曝されるネジ部分・・・何も対策されていませんでした。(内部まで穴は貫通)

6...プロジェクターレンズと本体部分・・・シリコンシーラントで封入されていました。












LEDがホットボンドで埋まってしまっています。。





採寸して基板を用意しました。
一見シンプルそうなこの基板は、プロジェクターのレンズ径に合わせてLEDの配置が綺麗に見え、なお且つ明るさが確保できるように試行錯誤してパターンを作っています。
LEDは日亜570GS-K1、明るさは1発あたり10ルーメン、プロジェクタ4灯で600ルーメンです。



2012.09.06 17:04

ワンオフ製作品・BMWの540プロジェクター型LEDフォグ

BMW540?の社外エアロ(フロントバンパー)についているLEDプロジェクターのLED化です。
エナジーというメーカーのフロントバンパーに内蔵されているものなのですが、水漏れしているので基板を作り変えてたい。という依頼です。
※原則として社外品の加工や修理は受け付けておりません、今回は特別のケースです。


早速分解していきます。





SMDのLED使用されているようです。


水漏れでシミができています。


プロジェクター単体


プロジェクター単体


1...配線部分

2...コネクタ部分

3...ソケットとライト台座部分

4...ライト台座と本体部分

5...外気に曝されるネジ部分

6...プロジェクターレンズと本体部分

以上の点をチェックしていきます。
基本的に自動車メーカーの純正部品はとても良くできていてこのような事をチェックする必要がありません。


1